こんばんは、のら(@Nora20120808)です。
今日はちょっとだけ夜更かしして
思ったことを書いていきます。



大学に入ってから
自分のやりたいことがよくわからなくなりました。 


小中のときは毎日学校で友達に会って
家に帰ったらゲームをする
これが当たり前のような生活を過ごし
それなりに充実していました。


高校に入ると勉強が楽しく感じ
友達と一緒に勉強をするのが好きになりました。
ところが学校の授業自体は好きだったのですが
家庭に勉強を持ち込まない性格だったので(今でもそうですが)
模試の成績は思うように伸びませんでした。

やがて受験勉強がはじまり
家でも勉強するようになりましたが
今まで好きだった勉強がストレスになってしまい
ちょうどそのころから友達との関係も悪くなり
生きていることが苦痛になった時期がありました。

それでも学校でまじめに授業を受けていた努力が報われ
現役で今の大学(立命館大学)に入学出来ました。


大学生活がはじまった最初のころは
一人暮らしで誰からも文句言われず
新しい友だちもできて楽しかったのですが
それと同時に自分のやりたいことが
よくわからなくなってきました。

昔のことを思い返せば
ゲームをやって楽しんでいたとか
勉強するのが楽しかったとか
何かしらに興味を持っていました。
しかし今はこれといって
自分の好きなことが見つかりません。

「あのころは楽しかったなあ」
と感傷に浸るばかりです。



唯一YouTubeを見ることが
毎日の楽しみであり
日課になっています。

YouTuberといって
YouTubeの収益化プログラムでお金をもらい
生活している人たちがいて
そのYouTuberの動画を見るのが楽しみです。


YouTuberの動画を見ていると
くだらない動画や下品な動画などが数多くあります。

自分もそういう動画を好きで見ているのですが
そういう動画はいつも再生数が多いことに気が付きます。

そしてある共通点があります
それはみんな楽しんでやっているということです。

どんな動画であれ
やってる人が楽しんでいればこっちも見ていておもしろい。
逆につまらなさそうにやっていれば
こっちも見ていてつまらない。

これは動画だけじゃなくて
どんなことにでも当てはまると思いました。


そういう動画を見ていていつも感じることは
自分も物事に楽しんで取り組みたいなということです。





文章の構成が昔から下手なので簡単に言うと
もっと毎日の生活を楽しみたいということです。






本来ならもっと上手に伝えたかったですが
昔から文章書くのがかなり下手くそで
会話ですら自分の考えをうまく伝えられなかったりします。

本当はほかにも伝えたいことがあったのですが
あまりにも文章が下手過ぎたのでここでやめておきます。

たぶん伝えたいことをそのまま文章にしてるから
どんどん書くことが膨らんでいって
結局、一番伝えたいことを伝えられなくなってしまうと思います。

せっかくブログも新しくしてパソコンも買ったので
文章をうまく書く練習もこれからしていきたいと思います。



眠いので今日はこのへんで。