カテゴリ: プログラミング/システム関連

こんにちは、のら(@Nora20120808)です。

本当はアップデート直後に紹介しようと思ってましたが
めんどくさがりが発動してしばらくさぼってましたww



さて、ついに新しいMac OS XであるYosemiteがリリースされました!
Macを買う前からYosemiteを期待していた自分にとっては
「やっと来たか!」という喜びでいっぱいです。
まだMacを買って1周間しかたっていませんが
Merveriksは卒業です。



さて、Yosemiteにアップデートして何を期待していたかというと
新しいプログラミング言語、Swiftです。
これはiPhoneやiPadなどのiOSのアプリを作るための言語です。
以前はObject-Cというものが使われていましたが
これからはSwiftが主流になってくると思います。

自分はMacを買う前からその情報を得ていたので
Macを買ってからはYosemiteをずっと待っていました。
Object-Cは将来的には使えなくなってしまうのだから
どうせならSwiftから使い始めようという考えです。

まだ全然やり方がわからないので
アプリを作るまでには時間がかかりそうです><

でもせっかく情報系に入ってプログラミングをしているので
いろんな言語を覚えてプログラムを作りたいです。



Yosemiteになっていろいろ使ってみましたが
特にUI(ユーザーインターフェース)が驚くほど変わった感じはしませんでした。

ただ、最も変わった点といえばデザインです。

Mervericsデスクトップ

こちらは今までのOS、Merveriksです。



Yosemiteデスクトップ

そして新しくなったYosemiteがこちら!



見た目がiPhoneっぽくなりましたね。
しかもiPhoneっぽくなったのは見た目だけじゃなく
iPhoneでもおなじみの通知センターもiPhoneっぽくなりました。


通知センターtwitter


今までのMacの通知センターは機能がほとんどなくて
正直ほとんど使いませんでした。

ところが通知センターが新しくなったことによって
天気や株価が見れたり計算機(電卓)が使えるようになったり
いろいろな機能が使えるようになりました!

そして僕が一番うれしかったのが
通知センターからtwitterの投稿ができるようになったことです。

Macにもtwitterのアプリはたくさんありますが
そのためにはtwitterアプリを起動しなければいけませんでした。

通知センターからつぶやけることで
アプリを起動しなくても簡単につぶやける、
しかもタイムラインなども見れないので
本当につぶやくだけの使い方ができるようになりました。

これは本当に便利です。
twitterアプリを起動しちゃうと
ついついタイムラインを見ちゃうんですよね。
これなら今思ったことをつぶやくだけでいいので
時間を無駄にすることもなくなります。



他にはMacで電話に出られるようになった、
他社製のアプリを使わなくてもiPhoneなどの画面を
Macで録画できるようになった(Reflector不要)など
たくさんの機能が追加されました。




新しいOSにアップデートするとたいていバグがありますが
今のところYosemiteを使っていて困ったことはありません。

いろんな機能が増えてかなり感動できると思うので
Macを持っていてまだアップデートしていない方は
ぜひアップデートをおすすめします。



ちなみにYosemite(ヨセミテ)とはヨセミテ国立公園のことで、「アメリカ合衆国カリフォルニア州中央部のマリポサ郡及びトゥオルミ郡にある、自然保護 を目的とした国立公園」です。(Wikipediaより)

こんにちは、のら(@Nora20120808)です。

以前までプログラミングをする際はLinuxを使っていましたが
Macを買ってからはこちらでプログラミングすることにしました。

自分は今までずっとGNU Emacsを使っていたので
Macでもそれを使おうと思いましたがそのためにはいろいろな設定が必要です。

今回はMac上でGNU Emacsを「快適に」使えるようになるまでの
初期設定について紹介したいと思います。

番号をふってあるので、その手順通りに設定してください。
各番号ごとに詳しい説明をしています。
操作がよくわからなければそちらを参考にしてください。

この設定は、Mac OS X Mavericks版です。
他のバージョンでは互換性がない可能性があります。ご注意ください。






①GNU Emacsをインストールする
こちらのサイトからインストールできます。
GNU Emacs For Mac OS X

(注)
Macにもともと入っているEmacsとは
バージョンが異なりますのでこちらからのインストールが必要です。



②ターミナルを起動する
Dockにある「Launchpad」を起動して「その他」のフォルダにある
「ターミナル」をクリックします。



③ターミナル内で以下のコマンドを記述する

vi .bashrc

ドットのつけ忘れにご注意ください!
viコマンドの詳しい使い方はこちらを参照ください。



④.bashrc内に以下内容を記述する

alias emacs='/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs'


これで"emacs"コマンドでGNU Emacsが起動できます。



⑤ターミナル内で以下のコマンドを記述する

vi .bash_profile

ドットのつけ忘れにご注意ください!



⑥.bash_profile内に以下内容を記述する

source .bashrc




⑦ターミナル内で以下のコマンドを記述する

emacs .emacs.el &

うまくいかない場合は
emacs .emacs.el

それでもうまくいかない場合はviコマンドで起動します
vi .emacs.el

ドットのつけ忘れ注意!



⑧.emacs.el内に以下内容を記述する

;; 起動時のメッセージを表示しない
;; 「t」を「nil」にするとメッセージが表示される
(setq inhibit-startup-message t)

(unless window-system (menu-bar-mode nil))

;; * バックアップファイルを作成しない
(setq make-backup-files nil)

;; # バックアップファイルを作成しない
(setq auto-save-default nil)



;; EmacsのWindowを一番上に表示
(if (eq window-system 'ns)
(x-focus-frame nil))



;; Mac用フォント設定
;; http://tcnksm.sakura.ne.jp/blog/2012/04/02/emacs/

;; 英語
(set-face-attribute 'default nil
:family "Menlo" ;; font
:height 150) ;; font size

;; 日本語
(set-fontset-font
nil 'japanese-jisx0208
;; (font-spec :family "Hiragino Mincho Pro")) ;; font
(font-spec :family "Hiragino Kaku Gothic ProN")) ;; font

;; 半角と全角の比を1:2にしたければ
(setq face-font-rescale-alist
;; '((".*Hiragino_Mincho_pro.*" . 1.2)))
'((".*Hiragino_Kaku_Gothic_ProN.*" . 1.2)));; Mac用フォント設定





以上で設定は完了です。お疲れ様でした。
この説明通りにやったけどうまくいかない場合は
コメント等で出来る限り対応します。



【参考】
この記事は以下のサイトを参考にさせていただきました。

minus9d's diary
cloverrose's blog

こんにちは、のら(@Nora20120808)です。
台風の影響で午後の講義が休講になったので
パソコンいじりがてらブログ更新します。


旧ブログのときにもCSSやJavaScriptをいじっていましたが
なんの知識も参考書もなくはじめた当初は挫折だらけでした。

ブログはじめてから3年がたち
大学でもプログラミングをやっているので
ある程度はできるかと思い
こちらの新ブログでいじってたんですが
やはりWebプログラミングは手強いです。

livedoorではHTMLの編集もできます。
旧ブログ(アメーバ)にはなかった機能です。
HTMLはいじったことがほとんどないので
今かなり苦戦しています。

CSSは何度もやっているので
いけるかなと思っていましたが
思ったとおりに動かず心が折れました。゚(゚´Д`゚)゚。


批判ではないですが
livedoorの初期のプログラムは
改行やスペースが少なくて妙に見にくいんですよね。

その点ではアメーバのプログラム(CSS)のほうが
見やすいという印象を受けました。



累計5時間くらい編集にあたっていますが
未だ進展がないので精神的にキツいです。

しばらくは編集をやめて
また気が向いたらいじろうかなと思います。

それまではシンプルで無機質なデザインですが
ご了承ください(パソコン表示のみ) 

↑このページのトップヘ