カテゴリ: ガジェット系

こんにちは、のら(@Nora20120808)です。

本当はアップデート直後に紹介しようと思ってましたが
めんどくさがりが発動してしばらくさぼってましたww



さて、ついに新しいMac OS XであるYosemiteがリリースされました!
Macを買う前からYosemiteを期待していた自分にとっては
「やっと来たか!」という喜びでいっぱいです。
まだMacを買って1周間しかたっていませんが
Merveriksは卒業です。



さて、Yosemiteにアップデートして何を期待していたかというと
新しいプログラミング言語、Swiftです。
これはiPhoneやiPadなどのiOSのアプリを作るための言語です。
以前はObject-Cというものが使われていましたが
これからはSwiftが主流になってくると思います。

自分はMacを買う前からその情報を得ていたので
Macを買ってからはYosemiteをずっと待っていました。
Object-Cは将来的には使えなくなってしまうのだから
どうせならSwiftから使い始めようという考えです。

まだ全然やり方がわからないので
アプリを作るまでには時間がかかりそうです><

でもせっかく情報系に入ってプログラミングをしているので
いろんな言語を覚えてプログラムを作りたいです。



Yosemiteになっていろいろ使ってみましたが
特にUI(ユーザーインターフェース)が驚くほど変わった感じはしませんでした。

ただ、最も変わった点といえばデザインです。

Mervericsデスクトップ

こちらは今までのOS、Merveriksです。



Yosemiteデスクトップ

そして新しくなったYosemiteがこちら!



見た目がiPhoneっぽくなりましたね。
しかもiPhoneっぽくなったのは見た目だけじゃなく
iPhoneでもおなじみの通知センターもiPhoneっぽくなりました。


通知センターtwitter


今までのMacの通知センターは機能がほとんどなくて
正直ほとんど使いませんでした。

ところが通知センターが新しくなったことによって
天気や株価が見れたり計算機(電卓)が使えるようになったり
いろいろな機能が使えるようになりました!

そして僕が一番うれしかったのが
通知センターからtwitterの投稿ができるようになったことです。

Macにもtwitterのアプリはたくさんありますが
そのためにはtwitterアプリを起動しなければいけませんでした。

通知センターからつぶやけることで
アプリを起動しなくても簡単につぶやける、
しかもタイムラインなども見れないので
本当につぶやくだけの使い方ができるようになりました。

これは本当に便利です。
twitterアプリを起動しちゃうと
ついついタイムラインを見ちゃうんですよね。
これなら今思ったことをつぶやくだけでいいので
時間を無駄にすることもなくなります。



他にはMacで電話に出られるようになった、
他社製のアプリを使わなくてもiPhoneなどの画面を
Macで録画できるようになった(Reflector不要)など
たくさんの機能が追加されました。




新しいOSにアップデートするとたいていバグがありますが
今のところYosemiteを使っていて困ったことはありません。

いろんな機能が増えてかなり感動できると思うので
Macを持っていてまだアップデートしていない方は
ぜひアップデートをおすすめします。



ちなみにYosemite(ヨセミテ)とはヨセミテ国立公園のことで、「アメリカ合衆国カリフォルニア州中央部のマリポサ郡及びトゥオルミ郡にある、自然保護 を目的とした国立公園」です。(Wikipediaより)

さっそく新しいブログで記事更新します!

実は新しいブログを作るきっかけとなったのは
MacBook Airが手に入ったからです。

一番最初の記事 でも書きましたが
本当は誕生日(10/16)に開設しようと思っていましたが
我慢できなくて今日開設しました。

でもきっかけとなったのは
Macを買ったことですね。





ではさっそく見てみましょう!

どーん!

 P1010678

箱を開けるところはもちろん
ビニールを剥がすところから興奮していますww 





P1010679

段ボールからこの文字が見えた時点で
かなりテンションが上がりました





P1010680

ついに本体が出たー!!
MacBook Air 13インチモデルです!




P1010681

付属品はこんな感じ。
充電ケーブルとクイックスタートガイドなどが
付属していました。




P1010682

P1010683

ほんとキレイなボディですねー
実際に持ってみるとかなりの所有感があります。
ボディは指紋がつかないスベスベした感じで
真ん中のアップルマークは
触ると指紋がつくツルツルしたデザインです。




P1010684
 
開いたときの高級感もすばらしいです。

キーボードの部分はバックライトで光ります。

下にあるトラックパッドの使い心地は
今までWindowsPCを使っていた人にとっては
圧倒的な使いやすさです。
僕もWindowsを10年以上使っていますが
はじめてマウスなしでもストレスなく作業できました。 
本当にスラスラ動いて使いやすいので
触ったことがない人は一度店頭などで
使ってみることをオススメします!



ちなみにMacBook Proではなく
MacBook Airにした理由は主に3つ。

1つめは、薄さと軽さ。
2つめは 、バッテリーの持ちがいい。
3つめは、デザインが自分好み。

1つめと2つめは
主として学校で使いたいというのがあります。
すでにWindowsマシンがうちにあるので
Macは持ち運び用に使いたいと思います。

3つめのデザインというのは
Proはベゼルが黒いのに対し
Airはベゼルが他の部分と同じ銀色です。

※ベゼルとは、画面周りのふちの部分です。


どちらかというとAirのほうが
ベゼルに統一感があってカッコイイ気がします。

それと薄いので
閉じたときのシェープ感がカッコいいですww


これは個人的な意見ですが
上の1つめと2つめはかなり重要です。

Proのほうがスペックは高いですが
やはり持ち運びには軽さとバッテリーは必須です。





初期設定はとても簡単。
2〜3分程度で完了しました。

P1010689


UIが実にシンプルなのも
Macの魅力のひとつですね。 

トラックパッドを3本指でスライドさせれば
デスクトップを変更できます。 

これはめちゃくちゃ使いやすいです。



ちなみに今このブログを書いているのもMacからです。



旧ブログを見てくださっていた方は
知っていると思いますが
このMacは親に借金して買ってもらいました。

なので、これから親にお金を返済していきますorz
がんばってバイト代ためないと...


これからこのMacを使って
いろんな作業を楽しんでいきたいと思います!





スペックが気になる方のために
書いておきます。


【スペック】

Early 2014(誤認識されていませんでした
プロセッサ:1.7GHz, Intel デュアルCore i7(カスタマイズ)
メモリ(RAM): 8GB(カスタマイズ)
ストレージ(容量):256GB(SanDisk製でした



【誤認識とSanDisk製について】
Early 2014(2014年の初期に発売)のMacBook Airは
一部カスタマイズでMiddle 2013と誤認識されるという問題がありました。

具体的にはEarly 2014もMiddle 2013も
プロセッサとメモリをカスタマイズすると
どちらも同じ数値になってしまうため
誤認識されたのではないかと言われています。 

自分の買ったMacはどちらもカスタマイズされていて
誤認識されると思っていましたがどうやら改善されたようです。


またEarly 2014ではストレージが128GB, 256GBだとSSDのメーカーがSanDisk製
512GBだとサムスン製になるそうです。
サムスンの方がファイルの読み書き速度が速く
しかもSanDiskとの速度の差は約2倍も違うそうです。

自分はそのことを知っていて買ったのでよいですが
知らないで買うととてもショックを受けると思います。
(512GBにすると高くて買えませんorz)

MacBook Airを近いうちに買われる方がご注意ください。 

↑このページのトップヘ